ウォーターサーバーを導入する時に気をつけること

###Site Name###

ウォーターサーバーを導入する際に注意すべきことがいくつかあります。

一つは設置するスペースの確保です。

最低でも縦横30cmは必要となるので、サーバーが自宅へ送られてくる前にスペースを空けておきましょう。おすすめはリビングやキッチンの隙間などです。



ただ配置する場所の近くに電源がないと電力を供給できないので注意してください。
他にも直射日光が当たると水の品質が落ちやすく、湿度が高い場所だとサーバー本体が故障する確率も上がるので避けなければいけません。

ウォーターサーバーの電源は使用していない時でも常にオンにしておくことも忘れないようにしましょう。



サーバーは一定の温度を保つことで、菌が繁殖することを抑えています。

電源を切ってしまうとそれらの機能が止まり、水の品質が劣化する恐れがあるのです。
電気代は電気ポットとそれほど差はないので、つけっぱなしでも家計を圧迫するリスクはないので安心です。
ボトルを補完する際にも気を配るポイントがあります。

ボトル内の水は太陽の光に弱いので、窓の近くなど直射日光が当たりやすい場所は避けて補完しなければいけません。
水の消費期限はメーカーにより若干異なりますが、だいたい半年ほどなので、半年以内には飲み切るようにしてください。



ウォーターサーバーはメリットが多い機器ですが、いくつかの注意点を守ることでより快適に利用することができます。

逆に守らなければ思わぬ怪我や故障を招く危険もあるので注意してください。